歯周病になる原因と歯周病治療

バナー

歯周病になる原因と歯周病治療

歯周病は年齢を重ねる程、かかっている人が多い傾向にあります。

若い時は免疫力が強く歯周病菌が強く出る事も少ないですが、加齢により免疫力が低下し歯周病菌が強くなることで歯周病になりやすくなります。


では免疫力を上げれば歯周病にはならないのかといえば免疫力という観点だけで考えればそうかもしれませんが、正しい歯磨きをしなければ誰でもなる可能性はあります。

歯周病治療はとにかくお勧めです。

歯周病になったらまずは歯科で歯周病治療を行う必要があります。

歯周病治療といっても症状の段階によって治療内容は異なります。

例えば本当の初期の段階なら歯石を取り除くことで治療を行います。
そもそも歯周病治療で最も重要なことはプラークコントロールです。
これは歯石であるプラークを付けない様にコントロールすることなのですが、本来ならば毎日の歯磨きやデンタルフロスを使用することでプラークコントロールする必要があります。

しかし歯石は毎日の歯磨きをしっかり行っていても残ってしまうこともあり、歯石が溜まることで歯周病菌も増殖しやすくなります。

マイナビニュースに関するお役立ちコンテンツ満載です。

つまり歯周病菌を増殖させず、家庭でプラークコントロールを目指すためにも歯石取りは重要なポイントなのです。
次に重症化した場合の歯周病治療ですが、歯周ポケットの奥まで歯石がある場合は麻酔をし切開することで歯茎を開いて歯石を取り除く外科治療、溶けてしまった骨を再生させる再生療法、他の歯に悪影響を及ぼすような状態の悪い歯がある場合は抜歯等をする場合もあります。

重症化した場合は口内の状態によって治療は異なるので、歯科医に相談することが必要です。

歯を失うと入れ歯やインプラント等、他の手段によって新しい歯を手に入れることも可能です。



しかし本来持った歯を保つことが出来ればそれも必要がなく、快適な生活を送ることも出来るかもしれません。


Copyright (C) 2016 歯周病になる原因と歯周病治療 All Rights Reserved.